ブログモニター生活

ご縁に感謝!モニターで貰った商品の感想を正直に書くよ。モニターサイトの紹介・活用法も公開中。

【販売店・口コミまとめ】つけおき不要の洗濯槽クリーナー!カビトルネードを使ってみました。

スポンサーリンク

“つけおき不要の洗濯槽クリーナー”というキャッチフレーズに惹かれて応募したカビトルネード

ご縁があってお試しできる機会をいただきました♪

カビトルネードは酸素系の洗濯槽クリーナー。
いつものお手入れも酸素系漂白剤を使ってるけど、酸素系漂白剤ってつけおき必須なんですよね…。それがしなくていいんですよ!

これは試さない理由がない!

f:id:nya222:20190903213910j:plain

過去の口コミを見るとみなさんごっそりすんごい汚れが出てきてました!果たして我が家の使ってみた結果は!?

水廻りの掃除方法とおすすめアイテム
ブログ村のテーマ

スポンサーリンク


カビトルネードの使い方

カビトルネードは酸素系漂白剤(A剤)と発泡剤(B剤)を使うつけおき不要の洗濯槽クリーナーです。

主要成分は過炭酸ナトリウムを使った
酸素系の洗濯槽クリーナーになります。

f:id:nya222:20190903213936j:plain

A剤を入れる

f:id:nya222:20190903213951j:plain

2つあるA剤を2つ共入れます。

f:id:nya222:20190903214009j:plain

f:id:nya222:20190903214029j:plain

A剤を全て入れたら高水位まで給水し15分程度洗いコースで運転します。
ここでままだピロピロは出てこず。

B剤を入れる

f:id:nya222:20190903214046j:plain

15分洗いコースを運転した後、B剤を入れます。
B剤は先に入れたA剤(過炭酸ナトリウム)の効果をさらに引き出す為の発泡剤になります。

f:id:nya222:20190903214106j:plain

公式サイトや口コミではここでかなりアワアワになるみたいなのですが、私は少し泡立った程度でした。

で、肝心のピロピロですが…

f:id:nya222:20190903214124j:plain

こんな感じ。
あれー?って感じ(笑)
いやね、よーく見たらピロピロ浮いてるんですよ。石鹸カスや細かい汚れはB剤を入れて運転開始した時点で浮いてきました。

でも思ってたほどじゃなかったー(悲)

f:id:nya222:20190903214140j:plain
出典:カビトルネード 洗濯槽クリーナー 縦型用 | うれしいコトうれしいモノ | うれしいコトうれしいモノ

↑こんな風になるのを期待してたんだけど、
うちはそれなりに汚れが浮いてきた程度でした。

程度でした、って言い方あれだけど、
汚れはちゃんと浮いてきましたよ(^^)

今日はお掃除・片付けがんばった☆彡
ブログ村のテーマ

汚れはこんな感じ!

最終的に取れたピロピロはこんな感じです!

f:id:nya222:20190903214201j:plain

ハンガーにキッチン用の排水溝ネットをセットして作った簡易キャッチャーですくいました!

ちなみに今回の我が家の洗濯機の状況は以下。
・4ヶ月ぶりの掃除だった
・いつもは酵素系洗剤で掃除している
・普段の洗剤は液体洗剤と粉洗剤の半々

インスタで#カビトルネードって入れると私が期待してたおぞましい程のピロピロが取れている方もいらっしゃったので、カビトルネードの効果はお掃除の頻度や洗濯物の汚れの種類によって違ってくるのかも?

それでも酸素系の洗濯槽クリーナーでつけおき不要はありがたい!かなり時短家事になりますもんね!

スポンサーリンク


カビトルネードはどこで買える?販売店は?

さてさて、そんなカビトルネードはどこで買えるのでしょうか??

販売元のリベルタのサイトを見ても販売店の記載がされていません。

私が独自に調べた結果、
・東急ハンズ
・島忠ホームズ
・マツモトキヨシ
・イオン

などなど、比較的全国のバラエティショップやホームセンター、ドラッグストアで展開されているようです。

www.instagram.com


ネットでも買えます〜♪

↓縦型用↓

↓ドラム式用↓

洗濯槽クリーナーを選ぶポイントは、
汚れの予防には塩素系、汚れ落しには酸素系。

私も今まで色んなクリーナーを使ってきましたが
酸素系漂白剤が1番効果があると思っています。

つけおき不要のカビトルネードは短時間ですっきりさっぱり洗濯槽をお手入れするにはぴったりだと思いました!

最近お手入れ全然してない…という方は是非試してみてください♪ではでは〜

水廻りの掃除方法とおすすめアイテム
お掃除のモチベーションを上げよう!
ブログ村のテーマ

こんな記事も書いてます

www.monitor-style.com